>

取引環境はどれくらい違うの?

取引環境の違いはどんなものがあるの?

まずは、取引を行える時間を比べてみましょう。

FXで取引を行える時間は平日であれば24時間、仮想通貨は多くの場合土日祝日も含めた24時間と、単純に見れば仮想通貨の方が取引可能時間が長く、優位に思います。

仮想通貨の場合は土日祝日でも値動きがありますから、平日は自分の仕事を頑張って、休日の空いた時間を利用して稼ぎたいという方には良いかもしれません。

もう1つ比べたいのは、通貨の組み合わせです。
仮想通貨は、それぞれの仮想通貨固有の通貨単位しか存在しません。
それに対してFXは、外国の通貨と両替をしていく取引ですので、日本円とユーロ、日本円と米ドルなど、外国通貨との組み合わせはたくさんあります。

その分、取引の機会が多くあると言えますので、こちらの比較ではFXの方が優れていると言えます。

利用するときの手軽さにも違いがある

FXと仮想通貨のどちらも、利用するためには口座を開設する必要があります。
口座開設にかかる時間は、FXは約1週間程度かかりますが、仮想通貨は即日で開設することができます。
FXの口座開設にはマイナンバーや同意書などの書類での提出物があるため、開設までに時間がかかるのです。

しかし仮想通貨であれば、ほとんどの仮想通貨は登録をすればその日から取引を開始できます。

また、お金の取引ですから、当然セキュリティも気になりますよね。
この点はどちらも共通して仲介業者を挟んで取引をしますので、信頼のおける企業に任せればほぼ安全です。
円として実際にお金を受け取りたいときの時間にも差があり、FXはどうしても1〜3日かかってしまいます。
対して仮想通貨は数十分〜1時間程度でできます。


この記事をシェアする